「ほっ」と。キャンペーン

益子町商工会青年部・広報委員会のメンバーが青年部の活動状況や益子町の様子を週代わりでレポートいたします。どうぞお楽しみに。


by mashiko-SS

<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0032268_22492552.jpg
[#益子町でも、各方面で文化財の防火訓練が23日(日)に行なわれました。(益子町の国、県、町の文化財は全部で13箇所)
 文化財防火デー(26日)は1949年に法隆寺の金堂が炎上し、重要な
壁画を焼失した火災をきっかけに制定されたようです。
 町の消防団(青年部の部員もかなりの人が入団していて消防活動をしています)は、毎年場所を変えながら、町内の文化財で消火訓練を行なっています。
 この日は、益子町にある消防団、15団体が参加し、消防車15台が出動しました。
訓練は、各文化財の建物より出火したと想定。午前9時に町のサイレンが鳴り、現場に急行しポンプ車に瞬時にホースをつなぎ、発煙筒のたかれている建物に向けて一斉に放水。本番さながらに迅速な動作で消火活動を行ないました。

 この時期は空気中が非常に乾燥しています。 「火の元にはご用心」

        益子町の消防団の団長のモットーは

     「火事を出さない益子町、隣を燃さない消防団」

              ということです。        <大>
  
a0032268_22494582.jpg
a0032268_22495878.jpg

[PR]
by mashiko-ss | 2005-01-30 02:13 | 町の風景

春の匂いが・・・

もうそろそろ2月です。

a0032268_22134070.jpg

春の匂いがして来ました。
 
しかし、同時に花粉君もたくさん連れてくるそうです。 ・・・つらいな~   (T)
[PR]
by mashiko-SS | 2005-01-29 22:19 | 町の風景

新年会

1月21日、アプローズ益子にて新年会が開かれました。
a0032268_22512972.jpg
a0032268_22495780.jpg
a0032268_2250248.jpg
a0032268_2251416.jpg
a0032268_22515119.jpg

[PR]
by mashiko-SS | 2005-01-23 22:52 | 活動報告
さる1月15日、小雨も降る中イルミネーションの撤収作業を行いました。
a0032268_2240679.jpg

a0032268_22403147.jpg

[PR]
by mashiko-SS | 2005-01-23 22:41 | 活動報告

祝 成人の皆さん

ご無沙汰しています。<峰>です。
年末、年始と雪のおかげでゆっくり休むどころか
雪かきをしていたせいで元旦はへとへとでした。
(家の前に坂があるので車が上がれないので必死でした)

さて、益子町では1月9日に成人式が行われました。
全国の成人式を迎えた皆さんおめでとうございます。
何年か前は、大雪で大変なときもありましたが、今年成人式を
迎えたは人達の行いが良かったのか、天気も良くいい式典が
行われたようです。
a0032268_18165824.gif

a0032268_18293988.gif従姉弟に写真借りてしまいました。
(画像が悪くてすみません)



<峰>
[PR]
by mashiko-ss | 2005-01-13 18:48 | 町の風景

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。
皆さんよいお正月をお過ごしになりましたか?益子町は大晦日に降った雪で銀世界となりました。3日くらいまでは道路にも雪が残り車で動くのがたいへんでした。皆さんもう初詣には行かれましたか?僕は元日の午前2時くらいに我が益子町にある鹿島神社に行ってきました。他に参拝客はいませんでした。「さすがにこの雪じゃなぁ」と思いつつおみくじをひきました。末吉でした。だれか助けてください・・・・・・。
なんか日記みたいになってしまいましたが最後に今年も益子町商工会青年部をよろしくお願いします。皆さんにとってより良い1年になりますように・・・・・・。  <中>

a0032268_23414627.jpg
一面、真っ白に染まってゆく田畑。
a0032268_2342148.jpg
雪が降り続く城内坂。
a0032268_23421522.jpg
観音寺の除夜の鐘。

<写真:桜>
[PR]
by mashiko-SS | 2005-01-06 23:15 | 町の風景
あけましておめでとうございます、加藤@益子町商工会青年部です。
今年も我が青年部及びblogをよろしくお願い申し上げます。

今の今まで先送りしてしまいましたが、以前<桜>が書いていた「益子天人」
の本番があったので見に行った次第。
ぶっちゃけ申しますと自分、正直あんまり行くつもりはなかったのです。
太鼓という楽器には確かに面白みを感じますが、たった一つの打楽器でライブですよ?
まあ、でも、チケット手に入ったし、益子焼で作られた太鼓にも興味はあるし、いってみようかなと。
今の内に謝っておきましょう。並んでチケット手に入れたかたゴメンナサイ。
わたくし、こんな気持ちで行っておりました。ええ。

……で、会場に行ってみると、あれ? おかしいなと。
滅茶苦茶人数いるじゃないですか? しかも観客動員数オーバーで立ち見席も出てるんですか? え? そんなに?
へー……確かにこの世界では超有名、林英哲氏が特別出演とは書かれていたけど、
これほど人を集めるとは、意外だなあ……。
と思ってたんですよ、ホントだからこう書いてますけどね、ええ、こう思っていたことを激しく反省してますよ! だからいじめないでください(涙)
んでもって、演奏開始。
最初は慣れ親しんだ祇園祭のお囃子。
a0032268_23481091.jpg
んー、いつもよりものすごい綺麗に音が聞こえましたね。特に笛が滅茶苦茶良い感じ。
てゆーかいつもなら様々な屋台の雑音でかき消されるのが
あぁまでクリアに聞こえることはそう無かったからかも。
祭りではあり得ないけど「うっとり」が一番近いですかね。
えー、次はお経と太鼓のコラボレーション。
a0032268_23483194.jpg
普通あり得ない組み合わせ、なるほど、ここへは留まらず上へ目指そうという意識は買う。
が個人的には(ただいま障害が起きました。しばらくお待ちください)
ぬ……でも、太鼓の音はね、すごかった。感動した。
なんつーの? バチ(太鼓で叩く棒)が生きているみたいだった。
右と左がどうしてああも見事に動くのか。心が跳ねるようでした。
太鼓、すげぇなぁ……。
で、次に本日のメイン其の一、益子焼の太鼓お披露目。
a0032268_23493795.jpg
うわー、窯を一つダメにした、ってだけあってすげぇでけぇッスね。天晴れな仕事といいましょうか。
そう圧倒されているときに林英哲登場。
a0032268_235005.jpg
で、打ち初めをして頂いたのですが……。
やべぇ……なんでこう、すげぇんだ!?
前に演奏した人もすげぇと思った。
その気持ちは間違いないんだが、これは別格ってゆーか別次元だ。
前の方のはバチが生きているようだ、と表現したけど、彼のバチは華麗に演奏するために意志を持って動いているようにしか見えない。
で、上半身の服を脱ぎ捨てたんですが、背筋がすごすぎる!!
鍛えすぎだよ! セニョール!!(?)
あれで齢五十くらいらしい……うーむ、さすが世界の第一人者で突き進む男は全てに於いて、例えば「身体への仕事」も別次元なんだなぁと痛感。
で、演奏終了したときにはすでに一時間半が通過していることに気が付かなかったり。
手に汗握りながら「もう少し聞いていたいなぁ」と思えたのは、かなり久々である。
んで、このライブのフィナーレでありもう一つのメイン、益子の有志の方々の演奏による、
林英哲作曲「益子の天人」のお披露目である。
a0032268_23502910.jpg
普段から見慣れている人々が一様に真剣な眼差し。
そして益子焼の太鼓が響き、演奏が始まった。
――――。
――――。
a0032268_2351028.jpg
むかし、某CMで中尾彬が言っていた。
「うまさを語れば野暮になる」
CMというと軽く流されるかもしれないが、私はこの言葉は大好きである。
そして、それはまさしくまさしくそれであった。
林英哲が生み出した世界とともに、彼らは全員で、そして個々において輝いていた。
一挙一動に溢れる動きに、ただただ圧倒させられた。
何千何万、その太鼓を叩いたことだろう。
しかし彼らは、その叩いた意味を、間違いなく実感しているに違いない。
彼らには、確かに、天神様ならぬ天人様が舞い降りていたのだった。

a0032268_23512489.jpg
……そして、フィナーレ。まさしく大団円と言えよう。
一言感想を書く機会に恵まれたので、こう書かせていただいた。
「今日は一生に一回のあるかないかの日でありました。有難うございました」
興奮しすぎてそのまま書いてしまい、何か間違っている気がしますが、とにかく最高だったということです。
この機会を与えてくださった、天人様に、深謝!
[PR]
by mashiko-ss | 2005-01-01 14:07 | 町の風景